クレジットカード審査比較ガイド

クレジットカードの審査を比較や信用情報機関などの仕組みを比較してみました。最新のおすすめクレジットカード情報や水物でもあるクレカ発行情報などまとめてお届け、クレジットカード審査比較サイトです。今年イチオシのカードはやはり、楽天カード、マジカルクラブTカードJCBあたりが、今年は狙い目のカードとなっています。

楽天カード

楽天カードの審査はブラックでも通る?

2016/11/01

こちらのページにはよく、「楽天カード ブラック」というキーワードで来る方が多いのですが、まずブラックに関しては、どのようなブラックなのかが重要です。
一概にブラックと言っても、申し込みブラック、社内ブラック、債務整理など法的処理系ブラック…自分がどれに当てはまるのかをまず十分に理解してから以下を読み進めることを推奨させていただきます。

楽天カード券面

楽天カードについて、一時期、ブラックでも通る、楽天プレミアムなら通るなど怪情報にも似た情報が飛んでいましたが
まず、はっきりと言えるのは、ブラックだと通りません。ただし、過去ブラックは通る傾向にあります。
ブラックのうちに申し込んで、ブラック情報を渡していても、社内ブラックにはならないことが実験でわかっています。
(楽天カード自体を飛ばしていたら無理と思いますが)

よく言われる、楽天が落ちたら他も無理などはもう過去の話です。
現在は、謎審査でもありますので、楽天が落ちても、JCBに通ったなど
様々な他社カードの可決報告もあります。

また、よくニッセンとかで言われる、通販修行は、あまり意味が無いようです。
プラチナ会員でも落選報告はたくさんあります。
よって、楽天カードの審査通過のコツは
・クレヒス(CICに掲載される実績)が半年以上あること 
・楽天自体に過去迷惑をかけていないこと
・会員種別は関係無い
がポイントといえます。

楽天カード審査期間と参照する個人信用情報機関

審査期間は、早い人で数秒ですが、ホワイト(過去ブラック)含め3~4営業日が基本です。
逆に7営業日以上の人は落選報告が多くなっている傾向があります。

楽天の審査機関はCICとJICCの両方を見ます。
楽天の審査傾向としては、2013年上半期は、厳しい状況にありましたが、
下半期、とくに年末にかけてはかなり審査が緩かったようです。
2014年上半期もこの状況は続くと考えられるので、2013年上半期で落選した方は
もう一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

楽天カードの紹介キャンペーンにおける審査について

楽天カードはよく紹介キャンペーンをしています。
紹介者がいると可決確率が上昇するという報告もあります。
ダイヤモンド会員でプレミアムカード保有者の紹介者IDは「S42LZDS1」です。
コレを申し込みの紹介者IDの欄に入れていただくと良いかもしれません。

https://card.rakuten.co.jp/

楽天カードのメリットとしては、楽天をメインに使っている人ならご存知かもしれませんが、脅威的なポイント還元率
楽天以外を利用なら、他のカードもありますが、楽天で生活サービスのほとんどが揃うので利用している方も多いでしょう。
楽天銀行や楽天市場と連携しているので、ポイントを賢く活用する事が出来ます。
楽天市場で貯めたポイントは、楽天銀行で振込手数料として使う事が出来ます。
また、カードマイラーの方にも楽天カードは好評のようです。
楽天カードは(交換手数料無料で)ANAマイルに交換可能なので、必要に応じてポイントを無駄にする事がありません。
他社のクレジットカードでは、ここまでマルチにポイントを活用する事は出来ないでしょう。

もちろん、航空会社系列のクレジットカードは、より一層マイル取得に優れたものと言えます。
ただ、楽天カードのように幅広いポイント利用の出来るクレジットカードは他にありません。

2016年2月25日追記
楽天カードの審査でブラックで通ったと連呼しているかたがいるようです。上記にも書いてあるとおり、ブラック(事故情報あり)の状態では、可決の見込みは0です。見込みというか可能性が0です。
楽天カードの審査状況は、WEB上で見ることができますが、審査になんの問題もない人は、STEP4まで数秒でいってしまいます。よく申し込みと同時に可決連絡が来たとか言ってる方はそれに当たります。

大体がSTEP2の審査中で止まります。これが長い人で1周間。機械審査で少し引っかかった人は、ここで止まりますが、2,3日で人の審査が入って可決になることが多いようです。ここで数日止まる(3日~1周間以上)の人は、否決の可能性が高いです。ブラックの人は、ここで止まるか、一瞬でSTEP4までいって否決します。

ブラックと言っても、申し込みブラック(半年で申し込み情報のみが5件以上)の方は審査に可決する可能性があります。申し込みブラックとは、あくまでもユーザーによる造語にしかすぎません。申し込みが多い人=お金に困ってる人だから落ちるといわれていますが、キャッシングの審査でもないので、どちらかというと属性によります。

ちなみに楽天プレミアムカードも同様の審査ではありますが、まずは平カードで1年以上修行して、きっちり実績を作ってから、切り替えを行うと審査に通りやすいそうです。楽天カードS20を、遅延なく支払いを行い、楽天市場で買い物をして、1年使って、切り替えを行うと、可決確率がぐっと上がります。切り替えの審査については、また別の機会に書きますね。

楽天カード申し込みは計画的に!

2016年6月追記
広告側で6月17日朝~7月1日朝までキャンペーンを行っているようです。こちらは、ユーザー側にはわかりませんが、獲得を強化している場合に行われるキャンペーンです。だからといってブラックでも通るわけではありませんが、喪明けの方やホワイトの方は、審査が一部甘くなっている、今、一度試し見る価値があります!上記の審査情報をよく読んで、申し込みを行ってみてください。

【当サイトだけのスペシャル審査特典】
ダイヤモンド会員でプレミアムカード保有者の紹介者IDは「SHHAWST9」です。
コレを申し込みの紹介者IDの欄に入れていただくと良いかもしれません。

スポンサー広告