クレジットカード審査比較ガイド

クレジットカードの審査を比較や信用情報機関などの仕組みを比較してみました。最新のおすすめクレジットカード情報や水物でもあるクレカ発行情報などまとめてお届け、クレジットカード審査比較サイトです。今年イチオシのカードはやはり、楽天カード、マジカルクラブTカードJCBあたりが、今年は狙い目のカードとなっています。

楽天カード

楽天カードの審査はほんとに甘いのか?

2016/11/01

よく楽天カードはブラックでも通る。
会員がほしいから、楽天プレミアム(楽天金)カードなら審査が通るなどのデマ情報がかなりネット上で出回っていますが、
ホントにこれはデマです。

あわせて、
楽天のお買い物マラソン中であれば、審査が甘くなる。
楽天のスーパーセール中であれば、審査が甘くなる。
これもデマです。

この時期に、ネット上の口コミを鵜呑みにして、楽天カードの審査が否決になるという事態がかなり多いようです。
会費のために、審査が甘くなるというほど、楽天は甘くありません。
それで落ちたと報告すると、楽天カードは謎審査だから…なんて書き込みが溢れてますが
謎審査以上に、そもそもの審査に申し込むタイミングが間違っています。

では、いつ申しこめばいいのか?
それは…
いつでもいいんです。いつ申込んでも、審査の甘さは変わりません。
キャンペーン実施中に審査が甘くなるところが多いのですが、楽天に限っては、ほとんど関係ないようです。

それでは、ダメだなと諦めた貴方。
楽天カードの審査に通るコツがあります。

1.楽天カードは、プレミアムでなく平を申し込む

楽天カードは、平であれば数万円の限度額からありますし、プレミアムカードになると最低50万円~になります。50万円の信用がない人が、楽天プレミアムカードに申込んでも、審査に落ちてしまいます。
年会費があるから審査が緩いってことはありません。とくにこのサイトを見てる方は、ご自身の審査に自信がない方、なにか心当たりがある方が多いと思います。その状況で楽天プレミアムカードを申込んでもSTEP2からSTEP4に飛んで否決になるということを覚えておきましょう。

2.キャッシング枠は希望しない

これは、楽天カードに限ったことではないのですが、キャッシング枠をカード会社はオススメしてきますが、クレジットカード会社はここで利益を上げたりしますので、もちろん勧めてくるのですが、審査が不安な方にとっては、審査落ちの確率が高まる要因です。キャシング枠をつけると別審査が入り、詳細な審査で引っかかって落ちてしまうということがあります。なので、キャッシング枠はかならず0で申し込みましょう。信頼度があがっていけば、楽天カードのほうから勧めてきます。

3.紹介者IDを入れる

これは、当サイトの実績ですが、どうやら、ダイヤモンド会員、かつ、プレミアムカード保有者の紹介者IDを入れると、審査の通過率が飛躍的にアップするようです。管理人も5回否決が続いてましたが、ダイヤモンドのプレミアムカード保有者の紹介で、無事、楽天平カードをゲット出来ました。
ちなみに、当サイトでも人気の紹介者IDは、ダイヤモンド会員でプレミアムカード保有者の紹介者IDは「S42LZDS1」です。これを申込時にいれるだけで、審査が甘くなるようです。

このコツを3つ抑えて、ぜひとも楽天カードにチャレンジしてみてください。もちろん、クレヒスがブラックではいくら頑張ってもダメです。
修行後や、クレヒスがホワイトの方にオススメします。


スポンサー広告