クレジットカード審査比較ガイド

クレジットカードの審査比較や信用情報機関などの仕組みを比較してみました。最新のおすすめクレジットカード情報や水物でもあるクレカ審査情報などまとめてお届け、クレジットカード審査比較サイトです。

自己破産

自己破産からのクレジットカード取得

自己破産をするとクレジットカード取得が困難になります。これは困難というだけで不可ではありません。もちろん、主要の個人情報機関、CICやJICCを見て、破産歴があるとクレジットカードの発行を見合わせるカード会社は多数あります。

ただし、CICやJICCに事故歴が登録されるのは、自己破産申請から免責を受けてから5年間。その期間を超えると、CICやJICCを見るカード会社は、破産歴を知る術がなくなります。

基本的に、一般の信販系や流通系はCICをメインとしており、CICしか見ないカード会社もあります。SBIやビュー・スイカなどが代表的です。
また、消費者金融系が発行するカードは、JICCをメインとしています。アコムやノーローン(シンキ)ですね。

昔と比べて、CICのみなどは減ってきていますが、照会する個人情報機関が多いほど審査が厳しめの印象があります。

さて、ココで本題、自己破産からクレジットカード取得を目指す場合、どのような流れがベストか、についてですが審査のゆるい順に取得していくことがベストと考えられます。

携帯割賦(半年以上)→CICのみのクレカ→CICとJICCのクレカ…

ここまで取れれば、新規カードには手を出さず2年くらい続ければ、その後のクレカ契約が楽になります。ココのコツは、キャッシング枠を指定できる場合は、0円で申請することです。
キャッシング枠は、カード作成の際の与信でかなり影響を受ける場所です。ある程度信頼ができるまでは、手を出さない方が得策です。

この方法で実際、自己破産から7年後~
・セディナゴールドカード
・ANAゴールドカード
・穴雨金カード
・楽天カード
・ニッセンマジカルクラブJCBカード
・Yahoo!JAPANカード
・REXカード
・noloan(シンキ)
と、キャッシング専用カードまで作れたという人もいます。

もちろん、自己破産したカード会社は作るのが困難ですが、段階を踏んでいくと意外とカードが持てるというのが実情です。

1つ忘れては行けないのが、たまに全銀協(KSC)の事故保持期間は10年です。この指定信用情報機関を見る会社、銀行系に多いのですがこちらは避けることが無難です。
上記のカードでクレヒスをためてからチャレンジするのがよいでしょう。

スポンサー広告