ライフカード

ライフカードデポジットという新しい選択肢!クレジットカードの審査落ちを経験している人への救済カードとは?

クレジットカードの審査でお悩みの方に朗報です。

クレジットカードの審査通過を狙っていくための第一歩としてクレジットカードを1枚でも発行し、クレジットカードのクリーンな利用履歴(クレジットカードヒストリー)を作っていくことが必要ですが、なかなかクレジットカードの審査通過ができず苦戦する人も多いでしょう。しかしライフカードから、クレジットカードヒストリーを作るために特化したカード(誰もが審査通過する可能性のあるカード)が用意されたことについて紹介していきます!

過去に支払い遅延や滞納など金融事故によりブラックになっている人にもおすすめのクレジットカードですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ライフカードデポジットとは?

ライフカードデポジットはその名の通り、「デポジット型」のクレジットカードです。

クレジットカードは、カード会社がカード入会希望者の信用情報をチェックし、カード入会希望者ごとに設定した利用限度額に応じて、立て替えを行ってくれるという仕組みとなっているのですが、ライフカードデポジットは他社のクレジットカードが発行できない方に対しても独自審査を行った上で、自ら事前にデポジットとして入金し、信用を示すことができれば、カード発行への道を用意してくれるカードになっているのです。

クレジットカードというよりか、デビットカードに近いようなカードでもありますが、スペックはライフカードそのものなので、発行できれば他社のカード審査通過への道が開けるんですね。

プリペイドカードのように都度チャージも不要ですし、街での買い物やネットショッピング、ETCカードの発行も可能ですし、ポイントもしっかり貯められます。さらに海外・国内旅行保険も自動付帯で、弁護士無料相談サービスも付帯しています。
さらに、見た目も同じなのでライフカードデポジットを使っていることは他人にもばれません!

※デポジットは年会費と共に、カードお届け時に代引き引き換えとなるので、事前に手元にお金を準備しておきましょう。
ライフカードデポジット詳細はこちら

ライフカードの独自審査とは?なぜできるの?

ライフカードが採用している独自審査が、他のカード会社の審査と違う点は「個別に審査してくれる」ところです。

通常、他のカード会社ではAIなどを使って独自のスコアリング基準をもとに自動でふるい落としがかかりますが、ライフカードデポジットでは個別審査があるので、より柔軟な審査が可能になっています。

現在自己破産申請中の方や、ライフカード自体での金融事故がある場合には審査に通過できない可能性はありますが、他社での金融事故や過去に債務整理などを経験している方、現在借金がある方でも審査に通過できる可能性が十分あるようです。

ライフカードデポジットはなぜ独自審査ができるのかというと、理由は単純です。

消費者金融の「アイフル」という貸金業のプロが親会社にいて、自らもクレジットカード会社としての実績があるので、その実績をもとに他社カード会社ではできないような独自の審査が可能というわけなんです。

ライフカードではじめの一歩を踏み出そう!

ライフカードデポジットは誰もが審査通過できる可能性があるクレジットカードです。楽天カードやマジカルクラブTカードJCBよりも審査は寛容になるでしょう。クレジットカードの審査に通過できず困っている方は、ぜひライフカードデポジットへの入会申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサー広告

みさと

クレジットカードを10枚以上保有の年収300万代の低属性OL。未婚。過去の金融事故でCIC、JICCに大傷があり→5年経過して喪明け後、修行して、様々なクレジットカードを取得。クレヒスが出来るにしたがって、審査落ちを多数経験しながらも、着実にカードをレベルアップ、現在、最高ランクのクレジットカードを取得のために日々クレジットカードを利用する。

クレジトットカード審査人気記事

楽天カード券面 1

テレビCMも絶賛放映中の楽天カード。 当サイトでも可決率がかなり上昇している楽天カードの審査状況と期間について、少し詳しく説明します。 楽天カードは申し込むと即座に受付メールが来ます。その中には審査状 ...

マジカルクラブTカード 2

ニッセンで買い物する際、マジカルクラブカード払いというのがありましたが、これは、ニッセンと提携しているニッセンGEのサービスです。これを選択すると、ニッセン内のみで使えるクレジットカード「マジカルクラ ...

CIC-JICConly 3

クレジットカード審査時に、個人情報信用機関に照会を行いますが、主な照会先として、CIC、JICC(日本信用情報機構)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)の3つがあります。 ただし、CIC(割賦販売 ...

-ライフカード

© 2022 クレジットカード審査ガイド