クレジットカード審査比較ガイド

クレジットカードの審査比較や信用情報機関などの仕組みを比較してみました。最新のおすすめクレジットカード情報や水物でもあるクレカ審査情報などまとめてお届け、クレジットカード審査比較サイトです。

その他

預金量1位横浜銀行と東日本銀行が経営統合最終合意

あの国内1位の預金量を誇る横浜銀行と東日本銀行が経営棟語で最終合意しました。

これによって、日本最大の地銀グループであるふくおかフィナンシャルグループを超える地銀グループが誕生することになります。

それぞれの現状の預貯金量を見てみましょう
・横浜銀行 11兆4,849億92百万円(2013年3月31日現在)
・東日本銀行 1.6兆円(2013年3月31日現在)

と横浜銀行は地銀最大手、一方東日本銀行は105行中68位の中下位行。横浜銀行の経営は安定しており、東日本銀行もそこまで危険信号があるかとおもうとそうでもない。この統合による最大のメリットは地銀の広域化だと考えられる。神奈川県に強固な地盤をもつ横浜銀行は地銀最大にもかかわらず都内の地盤が弱い。一方東日本銀行は、都内の支店数が多い。(横浜:東日本=20:47)。今後東京オリンピックなどで、都内の融資チャンスが広がれば、今のうちに都内の地盤を固めておくのが得策となる。
東日本銀行も2011年に公的資金の返済は完了したものの都民銀行と八千代銀行の統合によって、東京の地盤が脅かされていた。
この2つの銀行が手を組むことにより、横浜銀行は東京で利を得ることができ、東日本銀行も最大の地銀というバックボーンを得て、都内で拡大できるという構図になっている。
この統合は、最近、小規模で起きていた地銀の再編を刺激するのには十分な材料になるといえる。

そして、なぜ、このニュースを取り上げたかというと、
この統合は、現在11兆円レベルの貸出金を今後5年で14兆円まで引き上げるという目標を持っている。
要するに銀行による貸出金が増え、その分、ローンやキャッシングなどの融資が借りやすくなるという状況を生むかもしれない。もちろん、銀行審査は厳しいが、このサイトで紹介しているクレジットカードの修行やクレヒスの積み方などで信頼を今から上げておくことが重要と言える。一般的に銀行からの融資は、年収の3分の1という総量規制対象外である。
だからといって借り過ぎは、論外だが、未だ問題となっている多重債務者を救う糧となる可能性を十分に秘めている。
正式決定は2015年12月、本格的な稼働は来年の4月からとなるが、今からそれを見据えて動いてくことが大事だと考えられる。

スポンサー広告