クレジットカード審査比較ガイド

クレジットカードの審査比較や信用情報機関などの仕組みを比較してみました。最新のおすすめクレジットカード情報や水物でもあるクレカ審査情報などまとめてお届け、クレジットカード審査比較サイトです。

申込みブラック

申込ブラックとは?多重申込みは審査に影響する?

2012/11/14

クレジットカードを短期間に連続で申し込みすると、「申込ブラック」とよばれ、審査に通りにくくなるという話があります。
これは、実際、業者がリストとして持っているかというとそうではなく、信用情報機関に申込情報が登録され、申込件数が半年で3件を超えると
そう呼ばれるステータスになるものです。ここでいう半年でというのは、クレジットカード各社がよく利用するCICやJICCの申込情報の保持期限が6ヶ月になっているためです。
申込みブラックは、その人がお金に困っている、焦っているなどと見られ、審査に影響する場合と近年制定された貸金業法の総量規制(年間所得の3分の1まで)を超えないように、審査で調整する場合の2パターンがあります。

申込が3件超えると必ず審査が通らないかというと、実際は、通るところもあるようです。
審査には、機械審査と手動審査の2パターンがあり、オンラインスピード発行など銘打ったカードは、基本的に機械審査をかけ、微妙な場合に限り、手動で審査するという流れがあります。この場合、申込件数が多かったり、他にスコアが悪いとそこで落とされてしまい、手動で審査すらしてもらえないという場合があります。
一方、手動審査は、申込件数が多くても、スコアリングが下がるだけで、他で補える要因があれば、審査に通る場合もあります。
店頭や対面の申込の審査が若干甘いと言われているのはこのためです。

審査基準というのは、各社まちまちですが、新規発行のクレジットカードは、審査が若干甘くなることもあるようです。
また、給与振込銀行発行のクレジットカードやよく利用している通販サイトのハウスカードなどは、特別な加点があることも多いようです。

貸金業法-総量規制-について
https://www.0570-051-051.jp/contents/user/1-1.html

スポンサー広告