クレジットカード審査比較ガイド

クレジットカードの審査を比較や信用情報機関などの仕組みを比較してみました。最新のおすすめクレジットカード情報や水物でもあるクレカ発行情報などまとめてお届け、クレジットカード審査比較サイトです。今年イチオシのカードはやはり、楽天カード、マジカルクラブTカードJCBあたりが、今年は狙い目のカードとなっています。

クレジットカード取得 クレジットカード審査について 申込みブラック 社内ブラック

クレジットカードはブラックでも審査可決するのか?

2014/06/09

「クレジットカード ブラック」「クレジットカード ブラックでも通る」など類義語検索に出てくるワードですが、ずばり言うと、ブラックでも作ることは、限りなく0に近い確率で作ることができます。要するにほぼ作るのは不可能に近いといったものです。

なぜほぼ不可能というのかについてですが、それは、ブラックの種類によって異なるためです。当サイトでも説明している「申し込みブラック」「社内ブラック」でも審査の段階では大きく違いますし、実際に、どういった迷惑をかけたかによってかなり異なるためです。

この中で審査を通る可能性が高いブラックは、「申し込みブラック」と「任意整理など破産を伴わない債務整理」です。
申し込みブラック」については、前述通り、そのまま、半年に3件以上のクレジット申込み履歴を指しますが、実際は、それ以上でも可決した可能性がありますし、それ以下でも可決しない場合があります。よく審査が甘いと言われているクレジットカードで否決報告が続く場合は、「申し込みブラック」によるものではなく、別の審査情報が要因と考えられます。「年収が低い」や「勤務年数が短い」などが審査の落選要因として多いものと考えられます。

「任意整理など破産を伴わない債務整理」については、自己破産で免責を受けて、一切の支払い義務を免除される代わりに、CIC,JICCでは5年間、全銀協では7年間履歴にも載り、官報にも記載されることから、「自己破産」を受けていると最低でも5年間は、クレジットカードを所有することは厳しいでしょう。ただし、それ以外の整理方法では、比較的審査も寛容になることが多い傾向にあり、任意整理が終わって、その年にクレジットカードを作れたなどの報告があがっています。

ここでいう作れるクレジットカードというのは、無審査型の「VISAデビッドカード」や「国際クレジットカード」を除いたものを指します。この2つは、クレジトカード風であって、クレジットカードではありません。なぜなら、公共料金の支払いには使えない事が多いやネットサービスでは使えない事が多い、月額固定料金の支払いでは使えないなど大きな制限があるからです。ただ、完全ブラック(自己破産経験者)が喪明けまで一時的にカードを使いたいや、即時引き落としなので、使いすぎの心配がないなどトレーニングカードとしては、優秀と言えます。オススメなのは、完全無審査型の楽天銀行発行のVISAデビッドカードです。年会費3000円はかかりますが、ぱっと見ゴールドですし、外で、1回でと言ってくれれば、普通にクレジットカード決済してもらえます。ただし、このカードでも公共料金は払えないので要注意ですし、クレヒスはつきません。

完全ブラックの方は、VISAデビッドカードを使用しながら、携帯の割賦購入などでクレヒスを最低5年間じっくり我慢して育てて、喪明けにトライすることをオススメします。

※当サイトは、事実と取材に基づいた内容を記事にしています。個人差がありますが、うまい話が多い他のサイトさんの内容にだまされませんようこころからお祈りしております。

スポンサー広告